YouTubeタグの正しい付け方最新版!意外とやっている危険な方法とは?

このページでは、YouTubeの動画タグの

正しい使い方と誤った使い方の両方について記述していますが、

もしあなたがこれから記述する誤ったタグの使い方をしているなら

今すぐにやめましょう。

 

最悪の場合、チャンネル停止になってしまいます。

 

そうならないためにも、このページを読んで

正しい知識を身に着けていきましょう。

 

 

 

YouTubeで稼ぎ続けるために絶対に知っておくべき前提思考

 

本題に入る前にまず覚えておいてほしいことがあります。

 

常によりよいものを目指すために、

YouTubeのアルゴリズムは日々変化しており、

ちょっとしたデザインの変更や仕様変更は日常茶飯事です。

 

時には予期せぬタイミングで大きな仕様変更もあり、

その影響によっては昔は有効だったノウハウやテクニックも

今では使えないどころか、マイナスに働くようになっています。

 

さらにタチの悪いことに、それは事前に告知されることもなく、

事後報告もない場合がほとんどです。

 

つまり、あなたが知らない間に

YouTubeは大きく変わっている可能性もあるのです。

 

それが今回のタグです。

 

ただYouTubeの変化は早いですけども、

YouTubeの目指す先や望みを把握しておけば

いちいち慌てることもありません。

 

なぜなら、YouTubeも行き当たりばったりで

アップデートを行っているわけではなく、

YouTubeが目標とするゴールに向けて

アップデートをし続けているのです。

 

つまり、行き先を知っていれば

YouTubeについていくことは簡単でしょう。

 

YouTubeが北へ行きたいといえば北に、

南へ行きたいといえば南に行くだけのことです。

そう難しい話ではないでしょう。

 

そのためにYouTubeが何を目指していて

どういった仕組みで実現しようとしているのかを理解することが

YouTubeで稼ぎ続けるには必要不可欠になります。

 

その辺りについてはメルマガで詳しく説明しているので

ページ最下部から情報を受け取ってください。

 

それでは、本題に入っていきます。

 

 

時代遅れのYouTubeタグの使い方とは?

 

YouTubeで今はもう時代遅れになっているタグの使い方は

下記の3つです。

 

 

タグの羅列

まず1つ目がタグの羅列です。

 

タグを何十個と、とにかく入力できるだけ入力して

再生回数を増やそうとする行為です。

 

よくあるのが、キーワードツールなんかで取得した

キーワードを全て抜き取ってタグに入れるやつです。

 

例えば、

『akb48, akbingo, akb 結婚, akb48総選挙, akb 総選挙 2017…』

 

といったような感じですね。

 

これはやっている人はもういないとは思いますが、

これはほぼほぼチャンネル停止になるでしょう。

 

欲張り過ぎは禁物ということです。

 

どう考えてもスパム行為ですし、

スパムはYouTubeが嫌うので止めましょう。

 

タグの個数としては最大でも10個までですけども、

最近では10個すら必要がないですね。

 

 

無関係なタグの使用

 

そして、2つ目が無関係なタグを入れることです。

 

例えば、あなたが猫の動画を投稿したとして、

全く関係のないAKBやジャニーズといったタグを使って

再生回数を増やそうとする行為です。

 

あまりにもやり過ぎると、チャンネル停止の原因にもなるので

その辺はご注意を。

 

そもそも今は全く効果がないので

この方法をやったところで、メリットはありませんけどね。

 

 

タグのパクリ

 

そして3つ目はタグのパクリです。

 

YouTubeでは自分の動画だけでなく、

他人の動画のタグを見ることができます。

 

タグを見たい動画までいき、

動画画面以外の部分で右クリックを押して

「ページのソースを表示」をクリックすれば、

その動画のタグが見れます。

 

もしくは、Chromeの拡張機能「Tags for YouTube」を使えば

自動的に動画のタグが表示されます。

 

そうして表示された他人のタグと同じタグを

自分の動画につけることで、関連動画対策とするノウハウです。

 

このノウハウについては現在もやっている人は多いのですが、

これはもう意味がありません。

 

重大な場合にはチャンネル停止などのペナルティがあります。

 

このノウハウに関しても再生回数を水増しする行為なので

YouTubeからはスパム行為と捉えられています。

 

そこらかしこで通説になっているノウハウですけども

YouTubeがそう捉えている以上、今すぐに止めましょう。

 

ちなみにこ某有名YouTuberさんも昔やっていたようですが、

今では全くやっていません。

 

その辺りからもこのノウハウが廃れてきたことが理解できるでしょう。

 

 

YouTubeタグの真の活用法とは?

 

既に知っているかと思いますが、

YouTubeのタグは検索には影響がありません。

 

タグの効果があるのは関連動画です。

 

それでタグで関連動画表示率を高めようと

多くの人はコツコツと作業を続けるのですけども、

それらは無駄な努力に過ぎません。

 

なぜなら彼らがやっているタグでの関連動画対策は

前述した3つの方法にしか過ぎませんから。

 

それに、ここ最近のYouTubeではタグ自体の重要度も下がっているので

タグに力を入れたところで効果はほとんどありませんけどね。

 

とはいっても、その中でもタグの最適解は存在しますが。

 

ただ、関連動画対策の大前提というか、

最も有効な関連動画対策が抜けているので

いくら関連動画対策をしようとも効果はほぼありません。

 

その辺りが理解できてない人しかいないので

私としては簡単に関連動画攻略ができるのですが。

 

これが分かれば、関連動画表示率は今の3倍はいけます。

 

そうなってしまえば、

無駄な関連動画対策をしている人たちから

関連動画からアクセスを呼びことも可能になります。

 

まさに彼らは自分のために蜜を運んでくれる働き蜂のように、

ありがたい存在だと思えてくるでしょう。

 

そして、せっかくですから

このページを熱心に読んでいるあなたには

そんな美味しい蜜を吸ってほしいと思います。

 

特別にメルマガでその方法を教えましょう。

知りたい方はこちらから情報を受け取ってください。

▼▼▼

非常識かつ異端なYouTubeメソッド【YouTube Logic】

 

 






サブコンテンツ

このページの先頭へ