YouTubeで100万再生をたった1本で突破した動画の秘密とは?

あなたは既にYouTubeを実践しているでしょうか?

それともこれから始めるところでしょうか?

 

いずれにせよ、このページを発見できたことはとても幸運です。

 

私がこれからあなたにお見せする実績は

YouTubeアドセンス実践者であれば、

目を疑うようなものですから。

 

そしてあなたは幸運なことに

その秘密を垣間見ることができます。

 

今回はその秘密について語っていきましょう。

 

 

たった1動画で100万再生を突破したYouTube動画

 

百聞は一見に如かずと言いますし、

まずはこちらの実績をご覧ください。

 

yl01

 

※私の持つYouTubeチャンネルの管理画面です。

 

これはチャンネルに動画を1本だけ投稿しただけの結果です。

 

それは画像左上の「1」という数字を見れば、

チャンネルに動画が1本しか入っていないのも

ご理解いただけるでしょう。

 

たった1本だけの動画で100万再生を

突破したということです。

 

1再生0.1円として計算すれば、

この動画1本だけで10万円程度の収益が発生しています。

 

YouTubeを実践している方にとっては

この数字はにわかには信じられないものだったのではないでしょうか?

 

YouTubeアドセンスで稼ぐ者の現状

 

基本的にYouTubeでお金を稼ぐための方法としては

顔出しするかどうかがポイントになります。

 

顔出しをする場合はキャラが立ってなければ稼ぐことはできず、

そのほとんどは日の目を見ることもなく、消えていきます。

 

底辺YouTuberなんて言葉もできるほど

その数は増えていますし、顔出しというリスクを負った割に

そのリターンは微々たるものです。

 

ヒカキンさんなどのトップ層の光に憧れる人は多いけれど

その下の層はこんなものです。

 

光が強ければ影もまた濃くなるのです。

 

そして、顔出ししない場合は

コピペ量産手法というものがまだまだ主流でして

いわゆるゴミ動画をとにかく量産して

そのうちの何個が当たればいいやというやり方です。

 

参考までにこんなやつです。

▼▼▼

youtube01

 

 

あなたも一度は見たことがあるでしょう。

 

この手のやり方は下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるという手法で

日々生まれるトレンドニュースを狙っていくものです。

 

トレンドの旬は短く、たいていのものは

1日やそこらで終わり、最長でも1週間程度です。

 

そのため、次から次へと動画を量産しなければ

再生回数は激減することになり、

それに伴って収益も激減します。

 

「YouTubeはお金を稼ぐ自動販売機です!」

 

という言葉に釣られて不労所得を夢見ていたはずなのに、

果てのない肉体労働が続いていくわけです。

 

さらに、この手の方法は動画数本で結果が出るものではなく、

何百本どころか、何千本と動画を投稿しなければ

結果はほぼほぼ出ません。

 

1000本投稿してからスタートと思ってください。

 

私が知っている人では1日3、40本投稿して

1000本以上上げても月に1万円も稼げなかった人もいます。

 

とにかく寝る間も惜しんで量をこなさなければ

結果を出すことができないのが、彼らの現実です。

 

また、最近ではYouTubeのアルゴリズムも変わってきていて

単純なコピペ動画は淘汰されつつあります。

 

YouTube内の検索結果から外されることもあり、

最悪の場合、1日に何十本と投稿するチャンネルは停止されることも。

 

過去にはゴミ動画を量産さえしていれば

なんとか結果を出すこともできたのですけども、

今は量産すればするほど自らの首を絞めることにもなっているわけで、

この手の方法は日々刻々と厳しくなってきています。

 

100万再生動画を的中率100%で実現した秘密とは?

 

で、

当然のことながら、私が今回行ったのは

コピペ量産というやり方ではありません。

 

これでそんな手法に取り組んでいたとしたら、

頭いかれてます(笑)

 

そもそも、たった1本で結果を出すなんて

量産系ノウハウではできませんし、

短期で伸びるようなトレンド動画がまぐれ当たりしたわけでもありません。

 

また、そういったチャンネルを量産して、

その中で偶然上手くいったものを

ドヤ顔で公開するような、そんなせこい真似をしたわけでもありません(笑)

 

百発百中で100万再生動画を作り上げたわけですけども、

あなたもその秘密が気になっていることでしょう。

 

それではネタ晴らしをしましょう。

 

まず始めに言っておきますが、

私がやったことはそう特別なことではありません。

 

テレビ番組のように、

有料の編集ツールで凝りに凝った動画を作ったわけでもなく、

私自身が誰でも知っているくらいの知名度があったわけでもなく、

誰もが一瞬で興味を持つような凄いパフォーマンスをしたわけでもありません。

 

もちろんテレビ番組や映画などの違法アップロードをして

リスクを冒して再生回数を集めたわけでもありません。

 

動画は今も削除されずに残っていますし、

再生回数は伸び続けています。

 

これからも末永く稼ぎ続けていくでしょう。

 

極めて安全で、末永く再生され続ける動画なのですけども

無料の編集ツールで作っていて、家から一歩も出ることなく、

顔出しも、声出しもせず、全くこちらの身元がばれることなく

完全匿名で作成した動画なのです。

 

それなのに、なぜあのような結果が出るのかというと、

実は動画作成の行程にカラクリがあります。

 

 

YouTube実践者のほとんどは

自分目線での選定をして動画を作り始め、

「これならいけそうだ!」と思ったネタで動画作成を行います。

 

どれかが当たればラッキーという感じで動画を作るので

とにかくヒット動画が出るまで動画を作り続けます。

 

こうした大量投稿が避けられない原因は間違いなく、

投稿者目線での動画作成にあります。

 

YouTubeのユーザー(視聴者)の意見を無視して

投稿者自身で動画を選定するわけなので

視聴者にウケがいいのか、悪いのかは手探りになります。

 

お互いの感覚を擦り合わせるために、

徐々に調整を繰り返さなければならないので

その分の動画投稿が必要になり、

結果的に量産も必要になります。

 

つまり、視聴者目線での動画投稿さえできれば

大量投稿など必要なく、極めて高確率で

ヒット動画は作成できるということです。

 

さて、ここまで言えば、勘のいい方は

なんとなく私のやり方について気が付いたかもしれませんね。

 

私が行ったのは視聴者目線での動画作成です。

 

具体的に言えば、受注生産式での動画作成です。

たったこれだけのことです。

 

受注生産という動画作成法

 

念のため説明しておくと、

受注生産というのは注文が入ってから商品を作り始めることです。

 

製造業ではごく普通のことでして、

トヨタなど大メーカーも日常的に行っていることです。

 

注文が入ってから商品を作成するため、

相手が欲しがる分だけ無駄なロスもなく、

効率的に生産することができます。

 

私がやっていることは、この受注生産というやり方です。

 

もちろん言葉自体はあなたも知っていたと思いますが、

YouTubeでそんなことは可能なのかというと…

 

実際に可能です。

 

その理由はYouTubeの仕組みが大きく関係しています。

 

これはほぼ知られてないことなのですけども、

YouTubeには視聴者からのサインというべき指標があります。

 

その指標を見れば、視聴者がどういう動画を見たがっているかが分かります。

 

私はその指標をもとに、動画をその通りに作ることによって

受注生産を実現しています。

 

その結果、視聴者目線での動画作成を行うことが可能であり

極めて高確率でヒット動画を生み出すことができます。

 

また、私が行う受注生産はオーダーメイド的な面もあるので

視聴者の満足度が高い、いわゆる質の高い動画も同時に実現しています。

 

視聴者自身が見たがっていて、さらに満足度の高い動画であれば、

再生回数が伸びるのも当然ですし、視聴者からの評価が高ければ

YouTubeもそれだけその動画を評価します。

 

そうなれば、YouTubeからは様々な面で優遇してもらえます。

 

YouTubeのトップページのおすすめやYouTube検索、

そして関連動画などといった場所で動画が表示されることによって

再生回数は鰻登りに伸びていきます。

 

だから、私が実験的に作った動画は

1チャンネルにたった1動画でも100万再生越えを達成することができ、

未だに再生回数が伸び続けているのです。

 

私がやったことは、

視聴者からのリクエストを受け取って、

そのリクエストをもとに視聴者からの満足度の高い動画を

作っただけということです。

 

とてもシンプルなことをやっただけに過ぎません。

 

ただ視聴者の満足度を高めることは

YouTubeでは絶大な効果を発揮するのです。

 

このページを読んでいるあなたもそうだと思いますが、

我々が取り組んでいるのは個人で行うスモールビジネスです。

 

スモールビジネスである以上、時間・資金・体力・スキルなど、

資源は無限にあるわけではなく、限りがあります。

 

だからこそ、大量投稿という無駄なロスは避けるべきで、

撤退的に無駄を省くことが必要です。

 

受注生産式の動画作成というのは、

その思考のもとで生み出されたものです。

 

視聴者の満足度を高めるという一点に焦点を絞った合理的な手法です。

 

そのため、無駄な編集に何時間も凝ることもなく、

シンプルに視聴者が見たいとい思う動画を作成できるのです。

 

YouTubeでプロ並の編集が必要だと考えている人は多いですけども

そんなことはありませんよ。

 

YouTubeは素人っぽさのある動画の方がウケがよく、

有名YouTuberなんかを見ても、どこかしら素人っぽさは残っています。

 

視聴者が求めているのは、編集技術の凄さではないということです。

 

その辺を勘違いしているので、無駄なことをやる人は多いんですけどね。

 

 

話を戻しますが、

動画投稿者側であるこちらがあれやこれやと頭を悩ますよりも

「視聴者にどういう動画が見たい?」と聞くのが

一番の近道です。

 

原始的ですけども、どう考えても

ダイレクトに意見が分かります。

 

YouTubeが重視しているのは視聴者の満足度です。

 

視聴者が楽しめる動画を求めているわけで、

それはYouTubeのビジネスモデル上、絶対に必要なものなのです。

 

YouTubeが目指す未来とは?

 

そして、最近ではその傾向は日に日に強くなっています。

なぜなら先日、このようなニュースがあったからです。

▼▼▼

 

米インターネット検索大手グーグルの広告をめぐる危機が世界に広がっている。欧州に続き、米国でも携帯電話大手AT&Tやヘルスケア製品世界最大手のジョンソン&ジョンソン(J&J)といった大口広告主の一部が、不快なコンテンツと並んで広告が表示される恐れがあるとしてグーグルのディスプレイネットワーク(GDN)や傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」への広告を出すことを停止した。

※引用:“グーグル広告に緊急事態 大企業、不快ユーチューブから相次ぎ撤退”(SankeiBiz)

 

YouTubeに広告を出稿している企業が

こぞって撤退するという事態が起こり、

YouTubeとしては業績が相当落ち込みました。

 

広告収入で稼いでいるYouTubeですから、

そのスポンサーがいなくなることは致命傷につながります。

 

しかも、撤退していったのは

ジョンソン&ジョンソンやAT&Tといった超がつくほどの大企業です。

 

さらに、そうした大企業が撤退することにより

その他の企業もそれに追随していくことは予想がつくので

そうなった場合、死活問題になってきます。

 

このニュースはYouTubeにとって相当な衝撃を与えるものだったわけで、

そこでYouTubeが出した結論はYouTubeの健全化です。

 

 

少し前のYouTubeでは質の高い動画や低い動画、

アニメや映画などの違法動画なども玉石混交でした。

 

さらに過激な政治思想を煽る動画や反社会的な動画もあって

YouTubeは無法地帯という部分もありました。

 

ある程度のフィルターはあれど、

収益化に成功した動画にはほぼ無審査で広告が表示されており、

企業イメージを損ねるような動画でも関係なしに

広告は表示されていました。

 

この企業イメージを損ねる動画にも広告表示されることが

広告出稿企業の撤退を招いた原因です。

 

YouTubeはこれらの広告表示にふさわしくない動画を淘汰しだしたのです。

 

違法動画、過激な政治思想を持つ動画、質の低い動画など。

つまり、YouTubeでは健全かつ質の高い動画以外は

今後生き残っていくことは難しくなったのです。

 

動画共有サイトとしてはぶっちぎりのシェア№1ですから、

投稿者に対して、ある程度の締め付けを厳しくしたところで

特に大きな影響もありませんから、

容赦のない淘汰は続いていくでしょう。

 

よって、これからは健全かつ質の高い動画が生き残っていきます。

 

というわけで、このような動きがあるからこそ、

私が実験的に上げた動画は今も再生され続けています。

 

さらに投稿した当時よりも勢いを増した状態で。

 

だって、視聴者のリクエスト通りに作るのですから

再生回数は必然的に伸びていきますし、

動画の満足度が高いのは当然の話ですからね。

 

 

そして、私は

【裏技的な方法なのに】

【違法性は全くなくて】

【編集技術もいらず】

【顔も声も出さずに完全匿名】

で動画投稿をしています。

 

個人情報が一切ばれずにいて、

それでいて編集技術も特に必要がなく、

視聴者の満足度が高くて再生回数が驚異的に伸びるって

YouTube実践者なら知りたくてたまらない内容だと思います。

 

詳しい内容についてはメルマガにて解説しているので

知りたい方はこちらから情報を受け取ってください。

▼▼▼

非常識かつ異端なYouTubeメソッド

 

今なら参加の特典として

 

■チャンネル停止どころか、報酬没収の可能性も!

絶対使用禁止のブラックキーワードリスト

■需要のあるキーワードを一瞬でごっそり取得できるキーワード収集ツール

■あまりにも簡単に稼げたYouTube小ネタ集

■あなたの動画を自然発生的に関連動画表示させる方法

■YouTube最短最速攻略の黄金方程式

 

といったプレゼントも用意しています。

 

さらに私が4年もの歳月をかけて研究した

YouTubeアルゴリズムから導き出した完全受注生産メソッドを始めとする

YouTube攻略の方法も公開しています。

▼▼▼

非常識かつ異端なYouTubeメソッド【プレゼント付】

 

 

 






サブコンテンツ

このページの先頭へ