YouTubeでアクセスを増やすためには

まず、どこからアクセスが来ているのかを把握することが必要です。

 

その上で、最もアクセスが流れている部分に

力を入れてアクセスを集める。

 

 

でないと、効果が少ないことに時間を掛けて

いつまでたってもアクセスがこないなんてこともあるわけです。

 

だから、アクセスの流れを把握する。

 

 

では、YouTubeでは

どこからアクセスが流れてくるのかというと、

 

・YouTube内の検索

・関連動画

・チャンネル登録などの直接アクセス

・SNSやブログなどの外部サイト

・再生リスト

・検索エンジンからのアクセス

・YouTubeのおすすめ

 

など、こういったところからアクセスは流れてきます。

 

その中でアクセスが多い部分というのは

こんな結果になっています。

 

トラフィック

 

一見アクセスが多いと思われがちな

YouTube内の検索は1割にも満たず、

関連動画経由からのものが全体の6割を占め、

ここからのアクセスが圧倒的だということがわかります。

 

関連動画のアクセスが多いのはこのアカウントだけでなく、

他のアカウントに関してもほぼこれぐらいの割合になっています。

 

稼いでいる人のチャンネルでも大体6割程度に落ち着きますね。

 

なので、アクセスアップのためには

関連動画へ力を入れていくべきなんです。

 

2015-02-19_013811

 

 

 

■関連動画攻略のカギとは?

 

 

この関連動画の表示ですが、

YouTube側の判断によって決まっています。

 

 

だったら、こっちでやれることはないですよね?

 

・・・っていうと、そうではないんです。

 

最終的な判断はYouTubeに委ねることになりますが、

関連動画へ表示させる確率を可能な限り高める方法はあります。

 

 

そこで、重要になってくるのがこの考え。

 

動画同士の関連度を高める。

 

 

「なに言ってんの?そんなの当たり前じゃん。」

 

という声が聞こえてきそうですが、

関連動画とは読んで字の如く、関連する動画のことですからね。

 

色々なノウハウはあれど、

結局はこの考えに行き着くんです。

 

で、関連度を高めていくために

ありとあらゆる方法で関連させていくんです。

 

タイトル、動画説明文、タグ、アノテーションなど、

ここら辺を使いながら、

 

「この動画と動画は関連度がありますよー。」

 

とYouTubeに訴えていくしかありません。

 

この積み重ねによって動画の関連度が高まり、

より関連動画に表示させやすくなります。

 

いかに関連度を高めるか?

 

関連動画攻略のカギはこれですね。

 

 

ちなみにですが、

関連度を高めようとして悪さをする方がいますが、

それはスパムですからね。

 

アカウント停止の原因になってしまうので、

そこの線引きには気をつけてくださいね。

おすすめの記事