YouTube動画へのコメントで再生数は伸びる


YouTube動画にはコメントを書き込めることは

多くの方が知っていると思います。

 

 

で、このコメント機能ですが、

実は再生数を伸ばす上でかなり大事な要素なんです。

 

再生数が伸びている動画は

ほぼ例外なくコメントが溢れていますし、

面白い動画には感想を言いたくなるのも当然です。

 

だから、

コメントの多い動画=面白い動画

 

 

 

・・・というだけではなくてですね。

 

こうした視聴者の心理も大事ですが、

コメントの役割はそれだけではありません。

 

 

 

まず動画へのコメントをするには

 

・YouTubeでの書き込み

・Google+での書き込み

 

この2つの方法があります。

 

YouTubeでも、Google+でもコメントをするには

Google+のアカウントを取得しなければなりません。

 

YouTubeアカウントとGoogle+のアカウントは

基本的には連携しており、

どちらかのサイトでコメントすれば

そのコメントはもう一方のサイトで反映されます。

 

 

Google+でコメントを投稿すると、

 

2015-02-12_013139

 

YouTubeでも反映されています。

 

2015-02-12_012827

 

 ※YouTubeのコメントをGoogle+へ反映させるかどうかは

ユーザーの任意です。

 

 

特に大事なのがGoole+でのコメント

 

視聴者がコメントするたびに

コメントと一緒に動画が拡散していくわけです。

 

また、コメントをしたユーザーの友人が動画を見てコメントすれば

さらにその友人にまで動画が拡散されます。

 

 

こうしてGoogle+のユーザーに

どんどん動画を見てもらえる可能性があるということです。

 

 

 コメントが増えるほどに新たな層にアプローチできますし、

Google+で動画の拡散が行われてるんです。

 

 

 

さらに、コメントの役割は動画の拡散だけに終わりません。

 

コメントが多いということは

それだけ拡散されているということを意味し、

 

YouTubeからしたらこれだけ拡散されているんだから

この動画はいいコンテンツだと判断する指標にもなるわけです。

  

そうなるとYouTubeからの評価が上がり

その動画が優遇されることになります。

 

それは検索順位だったり、

関連動画表示へ影響するわけです。

 

 

そうなるとますます露出が増えて

再生数が伸びる。

 

 

 

コメントの役割は

 

・動画の拡散

・拡散による評価の上昇

 

こうした効果があるわけですね。

 

 

 

 

では、どうしたらコメントが増えるのかというと

それには色々な方法があります。

 

YouTubeでのコメント返しだったり、

Google+でユーザーをフォローしていくなどですね。

 

動画の内容も重要ですね。

 

 

 

YouTubeやGoogle+でのコメントはかなり重要ポイントなので

『バイラル』を意識して動画作成を行っていくべきですね。

 

それでは、引き続き頑張っていきましょう!






サブコンテンツ

このページの先頭へ