YouTube動画の視聴維持率を公開中


今、YouTubeである実験をしていて、

その経過を見守っています。

 

実験のテーマは

 

「動画1本でどこまで再生回数を伸ばせるか?」

 

 

チャンネルに動画を1本だけ投稿して

様子を見えています。

 

動画は2週間前に作って、視聴回数はまだ300回程度なんですが、

視聴維持率がいい感じになっています。

 

20150721視聴維持率

 

今のところ、70%程度を記録しています。

 

大抵のチャンネルは50%を下回る数字ですし、

動画開始15秒で離脱される動画も多いです。

 

その中で70%という数字は優秀です。

 

ちなみに、俗にいうゴミ動画と呼ばれるものは

開始10秒以内にほとんどが動画から離脱されます。

 

 

 

YouTube攻略と視聴維持率の関係とは?

 

私が視聴維持率についてなぜ語っているかというと、

YouTube攻略においてこの数字がものすごく大事だからです。

 

YouTubeはこの視聴維持率というか、動画の再生時間を重視していて、

この時間が長ければ長いほど、

 

【視聴者がより見たい動画】

 

と判断し、動画にいい評価を付けています。

 

要は再生時間と視聴維持率は動画の面白さのバロメーターです。

 

 

YouTubeはアドセンス広告の収入がメインであるため、

できるだけYouTube内に視聴者を留めておきたいんです。

 

だから、視聴維持率がいい動画はYouTubeから好かれるんですよ。

 

 

で、視聴維持率もいい数字なので、

当然YouTubeも評価し、どんどん優遇してくれます。

 

そうなることで、より視聴者の目に留まり、

視聴者維持率もいいので、関連動画にも載っていくでしょう。

 

それで、また再生回数も伸びていきます。

 

まさに正のスパイラルですね。

 

少しずつではありますが、1日ごとの視聴回数も増えていますし、

この動画がどこまで伸びるか、楽しみです。

 

 

 

動画1本でも稼ぐことはできるのか?

 

以前、あるチャンネルに動画1本だけ投稿したことがあります。

 

で、それが20万回は再生されていますし、

今もちょこちょこと稼いでくれています。

 

そういった事例はありますし、動画1個だけでも稼ぐ自信はあります。

 

既にその兆しは見えていますからね。

 

ひたすら動画を量産するだけの人では

こういった狙い撃ちはできないでしょうし、

 

これができてこそ、長く稼いでいくことができます。

 

今後は狙い撃ちができる人が稼ぎ続けていくことができますし、

これができないと厳しくなっていくかなと思います。

 

そもそも動画の量産からは逃れられませんから、

体力的にもしんどくなってきそうですね。






サブコンテンツ

このページの先頭へ