YouTube動画のネタが切れました


こんにちは、梅田です。

 

YouTube動画のネタが切れました。

 

 

 

 

 

 

 

・・・ってことを経験したことはありませんか?

 

動画を作っていると

ネタに困ることがあると思います。

 

こうなると手が止まって作業が進みませんよね? 

 

 

また、こういった悩みもあると思います。

 

『どんな動画を作っていいのかわからない』

 

 

多くの方が悩むのって

 

・ネタ切れ

・ネタのチョイス

 

このあたりだと思います。

 

 

ただ、これって頭をちょっと柔らかくすれば

解決するんです。

 

まず、動画作成において

私が最も重視していることがあります。 

 

それは

『視聴者の関心を満たすこと』

です。

 

視聴者が動画を視聴してくれるのは

知りたい情報や見たい動画があって検索するからです。

 

なんらかの情報がしりたいわけですよ。

 

 

で、その視聴者のリクエストを

動画という手段で解決してあげるわけです。

 

 

ということは

『動画=視聴者が知りたい情報(関心)』

ということになります。 

 

なので、ネタは視聴者の関心事を取り扱うべきです。

 

 

で、そのネタなんですが、

視聴者の関心は本当に多種多様です。

 

 

 

例えば最近話題になっている「イスラム国」。

 

すごく話題になりましたし、

今もまだまだ盛り上がっていますよね。

 

こういった一つの事柄に対しても

人の関心は本当にたくさんあります。

 

今ぱっと思い浮かんだだけでも、

 

 

「イスラム国ってなに?」

「人質になった2人ってどんな人だろう?」

「2人はなんで捕まったの?」

「そもそもなんで渡航したの?」

「今回の事件をみんなどう思っているの?」

「あの人こんなこと言ってたけど、それって本当?」

「処刑されたってマジ?」

「映像が見たい」

「日本を襲うって言ってるけど、大丈夫?」

 

 

・・・などなど、一つの事柄に対しても

色々な関心や疑問が思い浮かびます。

 

この関心や疑問の一つ一つがネタであり、

これらの関心や疑問を解決するような動画を

作っていけばいいんです。

 

そうすればアクセスはおのずと集まってきますし、

ネタは切り口次第でいくらでも作れます。

 

その関連する出来事も絡めだしたら、

ネタはほぼ無限ですよね。

 

関心や疑問を解決する情報も

ネットで調べれば出てきますし。

 

 

こうして考えてみると、

ネタ切れってほぼ起こらないと思いませんか?

 

たった一つの事柄でも視点や切り口を変えることで

多くのネタが見つかります。

 

 

物事を多くの視点から見る。

 

これができてくると

これまでとは違った動画作成ができるので

ぜひ意識してみてくださいね。






サブコンテンツ

このページの先頭へ