YouTubeの著作権と動画削除が理不尽すぎる理由とは?

YouTubeで動画投稿するには避けられない

著作権の問題です。

 

 

YouTubeも著作権には厳しく、

毎日違法動画削除されていますが、

 

まだまだYouTubeには多くの映画やドラマといった

違法動画が上がっているのが現状です。

 

 

しかし、この違法動画が全部著作権違反かというと、

厳密にいえばそうじゃないんです。

 

 

中には著作権違反ではないのもあるんですね。

(この辺の話はメルマガで)

 

 

しかし、そういった動画でも

著作権うんぬんで削除されていることが

沢山あります。

 

私も難癖つけられて

動画削除を受けたこともあります。

 

「お前、絶対に無関係だろ!」

 

って所からのクレームまで受け付ける場合がありますからね。

 

あなたもそんな経験があるんじゃないでしょうか?

 

 

まあ、そんなYouTubeですが、

違法動画が上がっている現状を見る限り、

 

実はYouTubeは著作権の問題については

正直そこまで気にしていないと思います。

 

今の対応を見ると、

あえて放置しているかのような感じもしますからね。

 

とにかく今はYouTubeを成長させるため、

アクセスを集めたいんでしょう。

 

 

じゃあ、なんで著作権で動画は削除されるのか?

 

これにはYouTubeのある都合が絡んでいるんですね。

 

 

 

YouTubeが著作権を理不尽に主張する理由とは?

 

著作権違反をあえて放置している感のあるYouTubeですが、

ある時に限り、著作権に過敏になる時があるんですね。

 

それが

 

広告主に被害がある時

 

なんですね。

 

 

基本的にYouTubeが気にしているのは

広告主の顔色だけです。

 

というのも、YouTubeが収益を得ているのは

スポンサーである企業からの広告収入です。

 

だから、スポンサーである

広告主の意向には極力従います。

 

それが動画投稿者にとって

いかに理不尽なものであろうとも。

 

 

だって大事なのは動画投稿者よりも、

お金を払ってくれる広告主ですもん。

 

 

こういった事情があるので

 

時に著作権の違反を見過ごし、

時に著作権で理不尽に難癖をつけるのです。

 

難癖をつけられた方はたまったもんじゃありませんが、

YouTubeという他人の軒下で稼がせてもらっている以上、

 

こういった理不尽な対応を受け入れるしかありません。

 

 

確かに理不尽に動画削除なんかされると

けっこうなショックを受けますし、

正直やりきれない気持ちになる時もあります。

 

 

で・す・が!

 

YouTubeでの動画投稿は無料でできますし、

そういった理不尽な部分を差し引いても

あまりあるメリットがあります!

 

 

そのあまりあるメリットを享受するためには

著作権を正しく理解し、

YouTubeや広告主が喜ぶような動画を作ることが重要です。

 

その方法についてはメルマガでお伝えしています。

 

今なら19800円相当のコンテンツ

期間限定でプレゼントしていますので、

こちらから受け取ってください。

 

⇒ YouTubeに動画投稿するだけで毎月10万円を自動で稼ぐメール講座






サブコンテンツ

このページの先頭へ