YouTubeの新機能「カード」と旧機能の違いとは?


最近YouTubeに新機能が追加されましたね。

 

カード機能というやつです。

 

2015-03-25_002753

 

視聴者ファンディングの呼びかけや、

関連ウェブサイト・関連商品の紹介ができるようです。

 

これを初め見たときは

従来のアノテーションと変わらないのかなと思ってたんですが、

調べてみると実は結構すごい機能でした。

 

 

というのも、今までアノテーションはスマホ対応をしてなかったんですが、

このカード機能ではスマホ対応をしているんです。

 

スマホのYouTubeアプリだとしっかりと表示され、

そこから外部リンクや再生リスト・動画にも飛ばすことができます。

(スマホのブラウザでは表示されませんでした)

 

 

スマホでもアノテーションを使えたら・・・!

なんて思ってたんで、これは嬉しい機能です。

 

ただ残念な点もありまして、

それがこれです。

 

2015-03-25_003949

 

動画の右上に申し訳程度に表示されてるんですね。

 

これだと視聴者は気づかないだろうなーと思うんですけどね。

 

まだまだカード機能も改善点はありますが、

まあアノテーションを使って目立たせれば、いけるのかな?

 

YouTubeも今後改善していくことは確実ですし、

さらに使える機能にはなっていくでしょうね。

 

まだまだ試行錯誤の段階ですが、

カードはうまく使えば、いい感じになりそうです。

 

 

 

新機能追加で意識すべきこと

 

今回の機能は嬉しいニュースですが、

YouTubeで稼ぐ身として注目すべきなのが、

YouTubeがスマホ対応をしたという点です。

 

当然需要がなければ、YouTubeもスマホ対応をするはずがなく、

そうしなければならない程、スマホからのアクセスが増えているというわけです。

 

アクセス解析を見ても、確実にスマホからのアクセスは増えていて、

ジャンルにもよりますが、アクセスの7、8割がスマホからというのもあります。

 

これはもう見過ごせない数字です。

 

そういうわけなので、今後のチャンネル運営に関しては

スマホユーザーを意識したチャンネル運営が求められてきます。

 

スマホユーザーの目線に立ち、

タイトルやサムネを作る必要があり、コンテンツに関しても同様です。

 

今後のYouTubeは

 

いかにスマホ対応をしていくか?

 

この点が非常に重要になってきます。

 

 

YouTubeに限らずですが、

PCからスマホへと時代は移ってきています。

 

稼ぎ続けていくためには

その変化にもしっかりと対応することが必要です。

 

そのためにYouTubeの最新情報を常にチェックし、

仕様変更などの変化には敏感になっておくべきですね。






サブコンテンツ

このページの先頭へ