YouTubeのタグはいくつまでつけるべき?

YouTubeで再生数を増やす上で外せないのが

タグの攻略です。

 

 

タグはアクセスアップにおいて重要な効果があるんですが、

一般的にはあまり知られていません。

 

タグはどうやって使っていますか?

また、どういった効果があるのか知っていますか?

 

これを知らずしてYouTubeをやるのは

非常にもったいないことです。

だって、ものすごいメリットがありますからね。

 

 

で、タグの効果なんですが、

YouTubeでの検索に関係があると思われがちです。

 

でも、実際にはYouTube検索には特に関係がなく、

ある重要なものに関係しています。

 

なんだかわかりますか?

 

 

それは

 

関連動画への表示

です。

 

 

YouTubeへのアクセスで最も多いのが

関連動画経由ですからね。

 

関連動画からのアクセスは

こんなにもあるんですよ。

 

9624dd15110b.jpg

全体の6割を占める関連動画からのアクセス。

ここに影響があるのに、

取り組まないのはもったいないですよね。

 

というわけで、アクセスアップにはタグの攻略は必要不可欠です。

 

タグの設定はしっかりやっていきましょう。

 

 

 

■タグはいくつまでつけるべきか?

 

タグが関連動画表示へ影響していることは

お伝えしました。

 

 

で、次に気になるのは

 

・タグはいくつまでつけるべきなのか?

・タグはどう設定していくべきなのか?

この2点だと思います。

 

 

では、まずは

 

タグはいくつまでつけるべきなのか?

 

についてお伝えしていきますね。

 

 

タグは最大で60個ほどつけることができます。

 

なので、使えるものは沢山使って

目一杯タグをつけていきましょう。

 

 

 

 

・・・というのは絶対にやめてください!

完全にアウトですから。

 

 

むやみにタグをつけると

YouTubeからスパム判定されて

アカウント停止の原因になります。

そうなると、せっかく動画をアップしたのに

一発でチャンネルごと削除されて

恐ろしい目に遭いますから。

 

一発でチャンネルが飛ぶ恐怖、

あれ、本当にヤバいですよ、、

 

まあそんな感じで

タグのつけすぎは怖すぎるということは

分かってもらえたと思います。

 

 

では、タグはどれくらいつけるのがいいのかというと、

 

基本的には10個程度に抑えてください。

多くても15個までですね。

それ以上つけても効果は薄いですし、

効果の割にリスクばかりが目立ちます。

 

なので、タグの個数については

10〜15個程度が最適です。

 

 

繰り返しになりますが、

タグの乱用はスパムでアカウント停止の原因になるので

ここには絶対に注意してくださいね。

 

 

タグの最適な個数もわかったので、次は

 

タグをどう設定していくのか?

これについては次回の記事でお伝えしますね。

 

 

では、また次回お楽しみを!






サブコンテンツ

このページの先頭へ