YouTUbeで著作権にひっかからない動画とは?


 YouTubeで動画を投稿する際に

最も気をつけなければならないのが【著作権】です。

 

著作権違反をすれば、動画の削除、

最悪の場合、逮捕されることもあります。

 

実際に過去には逮捕事例も出ており、

知らなかったでは済まされないのが著作権の問題です。

 

 

とはいえ、過去の逮捕事例を見ても、

逮捕されたのはいずれも悪質な場合のみです。

 

週刊少年ジャンプの内容だったり、

アイドルのLIVE映像だったり、

アニメの人気シリーズだったりと、

 

明らかに違法アップロードとわかるものであり、

逮捕された理由について特別説明する必要もないでしょう。

 

そして、いずれの事例に共通しているのが

著しく著作権者の利益を損ねていることです。

 

一般的に認知されていないようですが、

著作権はあくまでも【親告罪】です。

 

親告罪ということは

著作権者が権利を主張しない限り、

罪には問われません。

 

仮に著作権違反をしたとしても、著作権者が黙認していれば、

それは著作権違反とはならないんです。

 

だからといって、

見つからなければいいという問題ではありませんからね。

 

 

しかし、著作権を理解する上で、

著作権が親告罪であることを認識することは非常に重要なので、

ぜひこの認識は覚えておいてください。

 

 

それでは、著作権にひっかからない動画が

どういったものがあるのかをご紹介していきます。

 

 

 

著作権にひっかからないYouTube動画とは?

 

今回ご紹介する動画は

著作権が親告罪であるという観点に立って

ご紹介するものであり、

 

必ずしもYouTubeで動画が削除されないということや、

著作権に完全に問題がないと保証するものではありません。

 

時々のケースによって変わってくるので、

自己責任でお願いします。

 

 

①ゲーム実況

 

 

 

YouTubeでも定番といえるジャンルですね。

 

多くの方が参入しているジャンルであり、

再生回数が伸びやすいため、参入者も多いジャンルです。

 

ゲーム会社にとったら、

タダでゲームの広告をしてくれているようなもので、

黙認しているケースがほとんどです。

 

 

ただし、ゲーム会社によってはゲーム実況を禁止している会社もあり、

利用規約を読んだ上で取り組んでください。

 

 

 

②テレビCM

 

 

 

基本的にテレビCMは商品の販促やブランディングが目的であり、

より多くの方の目に止まることで利益につながります。

 

そのため、YouTubeにアップされて広まった方が

著作権者にとっては嬉しいことなので、

権利者は黙認しているケースがほとんどです。

 

 

 

著作権にひっかからない動画の落とし穴

 

繰り返しになりますが、今回ご紹介した動画は

あくまでも著作権が親告罪であることを

 

その時々のケースによって状況は変わってきますので、

そのあたりは自己責任でお願いします。

 

そして、こういった動画を取り扱う際は

 

著作権者の利益につながるかどうか?

 

これができていなければ、著作権者が損失を被ってしまい、

著作権違反となるので、この点を意識して取り組んでくださいね。






サブコンテンツ

このページの先頭へ