YouTubeで動画を削除されるとどうなる?


YouTubeで動画をアップする限りは

避けて通れないのが

 

動画の削除

 

です。

 

これはどんな動画であっても

可能性は0ではありません。

 

先日は有名YouTuberであるシバターさんが

突然チャンネル削除されたのが話題になりましたし、

この前後にはチャンネルが突如削除されることが相次ぎました。

 

削除されるようなことはしていないにも関わらず・・・

 

 

その前にはテレ朝のANNnewsすら

チャンネルが削除されましたし、

これはもう避けることができないことです。

 

※現在はシバターさんもANNnewsも復旧しています。

 

 

動画やチャンネルの削除というのは

YouTubeという他人のプラットフォームを利用している以上、

これは仕方ありません。

 

YouTubeがクロと言えば、クロになるんですよ。

 

しかしそうはいっても、YouTubeを利用するメリットは

このリスクを補ってあまりあるものですから、

ここで尻込みする必要は全くありません。

 

重要なのはペナルティを受けたら

どうなるのかということを事前に知り、

その対策をしておくことです。

 

いざ自分がそうなった時、

知っているのと知らないのでは

全く対応が違いますからね。

 

リスク対策のために

ぜひ覚えておいてもらえたらと思います。

 

 

 

動画削除のペナルティ

 

 

通常、YouTubeパートナー確認を完了させると

これだけの機能が使えるようになります。

 

2015-02-28_231958

 

特に重要なのが

 

・制限時間を超える動画

・外部のアノテーション

 

といったところですね。

 

15分以上の動画がアップできるのは

大きなアドバンテージです。

 

また、初期の段階では使いませんが、

外部へアクセスを流すことができるのは

後々重宝しますよ。

 

 

そして、動画を削除されると

こんなペナルティを受けます。

 

2015-02-28_231141

 

使えると便利な機能だった

 

・制限時間を超える動画

・外部のアノテーション

 

が使用不可になります。

 

そして、この機能も使えなくなります。

 

2015-03-02_031014

 

・注目コンテンツ

・ブランディング

 

実はブランディングの機能が使えなくなるのは

けっこう痛かったりします。

 

最近名称が変わって、

「InVideo チャンネル・動画紹介ツール」

と呼ばれていたものですね。

 

便利な機能なので

使える方は使ってみてください。

 

 

 

で、最後にまとめると

動画を削除された時のペナルティは

 

・制限時間を超える動画

・外部のアノテーション

・注目コンテンツ

・ブランディング

・Content IDに関する異議申し立て

 

これらの機能が使用不可になります。

 

視聴者ファンディングの使用もできなくなり、

申込みもできません。

 

 

とはいっても、どれも稼ぐ上で

必ずしも必須というわけではありません。

 

あくまでも補助的な役割にしかすぎません。

 

 

動画の削除も2回までなら大丈夫です。

 

上記の機能が制限されるだけで済みます。

 

ただし、3回目でチャンネル自体が削除されるので

これには気をつけてください。

 

 

一度削除されたら、原因を調査し、

今度は削除されないように動画を作っていきましょう。

 

動画は削除されることは誰にでも起こりうることなので

動画の削除くらいで諦めないでくださいね!






サブコンテンツ

このページの先頭へ