YouTubeで再生回数を上げるためのコツ


先日、東京のYouTubeセミナーに行っててですね、

その際、ファーストクラスに乗りました。

 

IMG_0715

 

実際には、ごく普通の特急の指定券です(笑)

 

たったこれだけのことんなんですが、

【FIRST CLASS】と書いてあるだけで

なんとなく気持ちいいんですよね。

 

本当にちょっとしたことですが、

朝から気分がよくなったわけで、

 

改めて表現って大事だなーと感じましたね。

 

 

今回例に出したものがちょっとしたこと過ぎて

伝わりづらい部分がありますが、

本当に表現というものは大事です。

 

それは過去の例を見れば明らかです。

 

 

 

表現の驚くべき力

 

過去にも表現を変えたことで

劇的に変化した成功例は沢山あります。

 

例えば、モイスチャーティッシュという商品名だったものが、

それがネーミングを変えたことで売り上げが伸びました。

 

それがティッシュの鼻セレブです。

 

他にも

 

伊藤園のお~いお茶も煎茶からネーミングを変え、

その後20年もの間、緑茶飲料シェア一位。

 

靴下の通勤快足もフレッシュライフから名前を変え、

売上が10倍。

 

変わったことはネーミングという表現だけです。

 

それだけで驚くべき変化がありました。

 

それくらいネーミングの持つ力は大事なんです。

 

 

で、これってYouTubeに関しても

同様なんですね。

 

この表現というのが大事になってくるんです。

 

 

 

 

YouTubeで再生回数を伸ばすコツとは?

 

YouTubeで再生回数を伸ばすコツとは

 

表現にこだわること

 

です。

 

ネーミングを変えたことで

売り上げが伸びた成功例にあるように

 

当然、YouTubeでも表現を変えることで

再生回数が上ることもあるわけです。

 

だから、ここには徹底的にこだわるべきです。

 

 

で、それは何も難しいことをやれってことではありません。

 

特急の指定券をファーストクラスという表現にすることで

私の気分がよくなったように、

 

ちょっとしたことを変えるだけでいいんです。

 

それだけで視聴者の受け取り方も違ってきます。

 

私もYouTubeで動画投稿をする際には

表現には非常にこだわっていますし、

本当に細部にまでこだわっています。

 

なぜなら、YouTubeというのはメディアだから。

 

情報を届けるのが仕事なわけです。

 

だから、情報の届け方は考える必要がありますし、

それは表現という形で示していくしかないんです。

 

コンテンツの切り口などといった中身の部分だったり、

サムネイルやタイトルなど外見の部分だったり、

 

表現の形は様々です。

 

 

ぜひ表現にはこだわって

動画を投稿してみてください。

 

それを意識すれば

確実に再生回数は伸びていきますから。






サブコンテンツ

このページの先頭へ