YouTubeで再生回数が伸びない2つの原因とは?


YouTubeで再生回数が伸びなくて悩んでいる方って

多いと思います。

 

動画のネタがつまらない。

動画のクオリティーが低い。

YouTube内の検索で上位表示されない。

関連動画に表示されない。

 

・・・など、いろいろな原因が思い浮かぶと思いますが、

重要なのはこの2つですね。

 

それは何だと思いますか?

 

 

 

YouTubeで再生回数が伸びない2つの原因とは

 

タイトルとサムネイル

 

です。

 

 

これは今までYouTubeを2年近く見てきて

感じていることです。

 

YouTubeで動画を見てもらうには

クリックしてもらわなければならないわけです。

 

なので、タイトルとサムネで

クリックをさせなきゃならない。

 

 

でも、再生回数が上っていない動画の多くは

これができてないんですよね。

 

タイトルを見ても興味がそそられなかったり、

キーワードを盛り込み過ぎて何についての動画なのかよくわからなかったり。

 

ひどいものになると、キーワードを羅列しているだけのものもあります。

 

 

その中でもこんな間違いを犯しているのをよく見かけます。

 

それは

 

タイトルでのネタバレ

 

ですね。

 

基本的に動画はクリックしてもらわなければ

内容がわからないようにすべきです。

 

そして、クリックしてもらって初めて内容がわかる。

 

そうしたタイトルをつけないといけません。

 

そうでなければ、視聴者は動画を見るまでもありません。

 

仮にあなたの動画が目についても、

視聴者からしたら

 

「あっそう」

 

で終わりです。

 

そうなると、次の動画を探してどっかに行ってしまいます。

 

せっかく視聴者の目についても

これではもったいないんですよね。

 

 

だから、タイトルは内容をぼかしつつ、

興味を引くようなものを心掛けなければなりません。

 

これを心掛けるだけで再生数は伸びていきます。

 

 

 

また、サムネについてもこんな間違いを犯しているのを見かけます。

 

2015-03-17_07311100

 

サムネの両端に黒の余白ができてしまっています。

 

これだと視聴者からしたら

 

「この動画はショボそう」

 

と思われます。

 

画像の縦横の比率を16:9に合わせることで

黒の余白を作らず、きっちりと埋めることができます。

 

 

以前別の記事でお伝えしましたが、

サムネは動画の第一印象です。

 

これがあまりにもクオリティーが低いと

動画をクリックしてもらうこともありません。

 

サムネにはプロ並の画像が必要というわけでありません。

 

しかし、最低限抑えるべきポイントを押さえておかないと

再生回数は伸びていきません。

 

 

再生回数が伸びないと悩むことがあれば、

まずはタイトルとサムネで視聴者の興味を引けているかという点を

意識してみてください。

 

まずは自分が一視聴者としてどう思ったかを基準に

動画をチェックしてみるといいですよ。






サブコンテンツ

このページの先頭へ