YouTubeタグの効果的な設定


YouTubeのタグには関連動画表示への影響があることを

前回お伝えしました。

 

YouTubeのタグはいくつまでつけるべきか?

 

 

今回はタグの効果的なつけ方について

お伝えしていきます。

 

 

まず、YouTubeはタグを一つの基準として

動画同士の関連度を判断しています。

 

よって、タグの関連度を高めることで

動画の関連度も当然高まります。

 

その結果、関連動画に表示される

可能性が高まるというわけです。

 

 

では、どういったタグをつければ

タグの関連度が高まるのかというと、

 

ずはり、一致するタグを使うことです。

 

 

例えば、関連させたい動画が

タグにA、B、Cというものを使っているなら、

自分もA、B、Cという同じタグを使ってあげればいいんです。

 

これだけでタグの関連度は高まります。

 

この結果、この動画と動画はタグが一致しているから、

関連性があるとYouTubeが判断するわけです。

 

また、そのタグを使っている競合が少なければ少ないほど、

タグの関連度はさらに強力になりますよ。

 

 

こういう理由で、タグの設定で意識することは

 

関連させたい動画のタグと

自分の動画のタグを一致させる

 

ことです。

 

 

 

■タグ設定のタブー

 

 

タグ設定においてやってはいけないことがあります。

 

それは、人気の動画との関連度を高めようとして

動画の内容に全く関係のないタグを設定してしまうことです。

 

つまり、関係のない動画の人気に便乗しようと、

タグを操作して意図的に関連動画表示させようとすることですね。

 

 

 

例えば、好きなアーティストのPVを見ていたとします。

 

そんな時、横の関連動画に

そのアーティストの別PVがあれば高確率で見ますよね?

 

ですが、ここに全く関係のない美容の動画が出てきたら

見る人は少ないと思います。

 

で、そうなると動画の視聴を終えた視聴者は

YouTubeから離れていってしまうわけです。

 

YouTubeの収入源はYouTube内の広告なので、

YouTubeは視聴者が離れることを一番嫌います。

 

タグを悪用した、関係のない動画への関連動画表示は

視聴者のYouTube離れにつながる可能性が高く、

YouTubeからしたら見過ごせない行為なんです。

 

当然こうした行為にはペナルティが与えられます。

 

最悪の場合、一発でアカウント停止になる可能性もあるので

絶対にやらないでください。

 

 

タグの設定でやるべきことは

関連する動画とタグを一致させることです。

 

 

■タグはあくまでも一つの要素

 

 

これまでにタグの役割や効果的なつけ方について

お伝えしてきましたが、

 

関連動画への表示はタグだけで

全てが決まるわけではありません。

 

タイトル、動画説明文、その他諸々の要素によって

関連動画への表示が決定されます。

 

大事なのは総合的な評価です。

 

タグはあくまでもその内の一つにしかすぎません。

 

なので、タグを設定するのはもちろんのこと、

他の項目もしっかりと設定し、

関連動画に表示させてもらえるようにしていきましょう。

 

そうすることでアクセスは増えていきますよ。






サブコンテンツ

このページの先頭へ