HIKAKINの著作権違反から学ぶ著作権の恐ろしさ


人気YouTuberのHIKAKINさんが

自身の動画内で著作権違反をしたことが

Yahooのトップニュースになっていました。

 

動画内でHIKAKINさんがある画像を紹介したんですが、

その画像の著作権者が権利を主張し、すごく揉めたようですね。

 

HIKAKINさんとしても悪気はなかったとは思うんですが、

それでも権利者が権利を主張すれば従わなければなりません。

 

著作権に関しては細心の注意を払わなければなりません。

 

 

トップYouTuberでさえ、

知らず知らずのうちに侵してしまうのが著作権であり、

インターネットの世界では著作権の問題は必ずついて回ります。

 

YouTubeではことさら重要になってきます。

 

著作権を無視した動画を上げ続けていれば、

動画やチャンネルの削除、アドセンスの没収で済めばまだマシで、

最悪逮捕される事態に発展することもあります。

 

著作権を理解しないままYouTubeをしていると、

確実に痛い目に遭います。

 

著作権って怖いんですよ。

 

 

で、多くの方が

 

「著作権は怖いなー。だからYouTubeで稼ぐのはやめとこう。」

 

って思うんですよね。

 

 

ですが、YouTubeで稼ぐ我々にとっては、

これ、チャンスなんです。

 

それだけ参入障壁が高いということですから。

 

どんどん成長していく市場に対し、

まだまだ参入者が少ないYouTube市場。

 

めちゃくちゃおいしい状況です。

 

 

で、本当に多くの方が

著作権について頭を悩ましています。

 

「YouTube 著作権」と検索すると、

 

「YouTube 著作権 回避方法」

「YouTube 著作権 ひっかからない」

「YouTube 著作権 逮捕」

 

といったキーワードが出てきます。

 

2015-03-26_000911

 

それだけ多くの方が著作権に敏感になっていて、

どうにかこうにか著作権の網を潜り抜けようと必死です。

 

 

しかし、無料で拾える情報には限界がありますし、

真偽についても定かじゃありません。

 

大丈夫だと思っていても、

実は著作権違反をしていたなんてことも・・・

 

そんなことになったら恐ろしいですね。

 

 

 

著作権を回避するには?

 

著作権は一歩扱いを間違えると痛い目を見ますが、

正しく理解すれば問題ありません。

 

ある点に気を付ければ

回避することも可能です。

 

私もその点に気を付けているので

著作権で頭を悩ますことはありませんし、

今でもおいしく稼げています。

 

 

そして、著作権を正しく理解するうえで

非常に参考になったのが

 

YouTubeトレンドマーケティング

 

です。

 

 

YouTubeをやる上で著作権は必ずついて回ります。

 

そうした状況で著作権について理解しないまま、

YouTubeに取り組むのは無謀すぎます。

 

今回のHIKAKINさんの例にあるように

知らず知らず著作権違反をしていることもあります。

 

気づいたら大問題に発展したということがないように

著作権についての知識は必ず身に着けておくべきですね。






サブコンテンツ

このページの先頭へ