関連動画表示よりもYouTubeで大事なもの


私はYouTube系のメルマガやブログは

片っ端から登録して、日々情報を集めているんですが、

最近の風潮としてなんだかなーと思うことがあります。

 

それはですね、

【関連動画対策】についてなんです。

 

至る所で

 

「関連動画に力を入れましょう!」とか、

「関連動画対策ができないと、この先厳しいですよ」

 

といった声が聞こえてきます。

 

 

確かに言ってることは正しいんですよ。

 

関連動画からのアクセスは私のチャンネルでも6割程度あり、

ほとんどのアクセスが関連動画経由なんです。

 

YouTubeもこの機能に力を入れているし、

長く稼ぐ上で最重要項目の一つではあります。

 

だから、多くの情報発信者が

関連動画対策を強調するのも理解できます。

 

 

ただ、その風潮に一つ言いたい。

 

その前にやることがあるだろう、と。

 

 

関連動画対策も結局は

再生回数を上げるための手段でしかなく、

そればかり追い求めてもダメです。

 

重要なことを見落としてしまいます。

 

 

 

関連動画よりも重要なもの

 

YouTubeで稼いでいくためには

もちろん関連動画は最重要項目の一つですが、

それよりもまず意識すべき点があります。

 

それがコンテンツなんです。

 

視聴者が見向きもしない、価値のない動画を上げたところで、

それはもうスパムと一緒です。

 

YouTubeもバカじゃないので強引に関連動画に載せたとしても、

すぐに視聴者が離脱する動画であれば容赦なく外していきます。

 

 

視聴者の関心に沿った良質なコンテンツを作り、

その上で関連動画対策などの再生数を上げる施策をして、

人気チャンネルに成長させていく。

 

これが理想的な流れです。

 

そのために、視聴者の関心を把握することが

求められてきます。

 

だから、リサーチを徹底する。

 

最近の動画トレンドはどうなのか?

人気の動画はなぜ再生数が上っているのか?

視聴者が求めているのは何だろう?

 

・・・など、あらゆる角度からリサーチをすることが大事です。

 

そうすることで視聴者の関心に沿ったコンテンツが

出来上がっていくわけですね。

 

 

関連動画対策はあくまでも

再生数を上げるブーストに過ぎません。

 

視聴者の関心を掴み、

それをコンテンツという形で表現する。

 

これが重要です。

 

 

 

あとですね、コンテンツが大事と言いましたが、

なにもプロ並みの編集や動画製作技術が

必要というわけではありません。

 

あるに越したことはありませんが、

そこまで凝った動画でなくとも、

再生回数が上っている評価の高い動画は沢山あります。

 

映画でもそうですが、編集や映像は凄いのに、

結果は・・・というのも多くありますからね。

 

逆に全然凝った編集もしていないのに

ヒットした例も多くあります。

 

高度な編集というのは稼ぐための必須要素ではないので、

それよりもまずは、視聴者の関心を掴むということを意識して

動画作成を行ってみてください。






サブコンテンツ

このページの先頭へ