名古屋のシークレットセミナーに参加


こんにちは、梅田です。

 

今日は名古屋で開催された

シークレットセミナーに参加してきました。

 

毎月100万以上をステップメールで稼ぐ

情報発信のスペシャリスト・所孝二郎さんのセミナーです。

 

 

以前にも所さんのセミナーに参加して満足したので

今回もワクワクして参加したんですが、

その選択は大正解でした。

 

満足度の高かった前回を遥かに上回る内容でした。

 

 

今回のセミナーは情報発信についてのもので

YouTubeとは直接関係はありませんが、

 

その内容が本当に

 

”ヤバい”

 

 

ここでは言えないノウハウの連続に

正直鳥肌が立ったくらいです。

 

 

SNSの真の活用方法や、

最強の集客ツールについてなど

初めて知る内容ばかりで、目から鱗な内容でした。

 

 

 

特に勉強になったのが

 

見せ方の部分

 

です。

 

 

情報発信では”ブランディング”という

自分をどう見せるのかということが重要になり、

何を伝えるのかももちろん重要ですが、

 

どう伝えるのか

いつ伝えるのか

 

で受け取る側の解釈も違ってきます。

 

例え同じ内容のことを伝えたとしても、

伝え方が違えば、同じ内容のことでも

相手の解釈は違ってくるはずです。

 

 

この演出次第では自分が伝えたことに

さらに価値を感じていただくことも可能です。

 

しかし、演出に失敗してしまうと

逆に価値を感じてもらえなくなることもあります。

 

 

いかに演出するか?

 

 

この重要性を痛感しましたね。

 

 

 

 

で、これってYouTubeでの動画作成も一緒なんですよ。

 

 

動画を作っていると

話題がかぶることってあるじゃないですか?

 

みんながみんな、その話題に殺到して

もう飽和しただろ!って時。

 

 

しかし、そんな時も見せ方を変えることで

全く別の動画として認識されます。

 

 

同じ話題であっても、

 

切り口を変えたり、

動画の構成を変えたり、

動画内の演出を変えたりと、

 

見せ方を変えることで

全く別の動画として認識されます。

 

これが個性であり、

他の動画との差別化になってきます。

 

ここは本当に大事ですよ!

 

 

動画作成の際は演出にはこだわるべきで、

それは特別な動画スキルが必要というわけではありません。

 

例え編集技術がなくたって

いくらでも演出方法は思い浮かびます。

 

そこはアイディア次第です。

 

 

誰が伝えるのか?

何を伝えるのか?

どう伝えるのか?

いつ伝えるのか?

 

などの点を意識しながら、

動画の演出を考えてみてください。

 

きっと今までは違った視点で動画作成ができると思いますよ。






サブコンテンツ

このページの先頭へ